スタッドレスタイヤが私のこだわり

私のカー用品のこだわりは、北国の悪天候で違いを発揮する窓ガラスコーティングを別にすればスタッドレスタイヤです。私の住んでいる東北では、冬には必需品になるものです。
何故スタッドレスタイヤにこだわるのかというと、車全体の重さにハガキ一枚分のところで走りに左右するからです。

一概にスタッドレスの走行について言えないのは、ドライ、雨、シャーベット、圧雪、アイスバーンなど冬道のシチュエーションは目まぐるしく変わるからです。
昔、スタッドレスが普及する前はスパイクタイヤをはいていましたが、粉塵がひどく禁止になった経緯があります。

スタッドレスタイヤを何種類か変え乗りましたが、一番良かったのは、ブリジストンのBLIZZAKVRXです。ひとつ前の型のREVOGZも基本的には良かったのですが、VRXの良さは雪の溶けかかった時の氷に水の膜がある状態でのグリップは他社と別格に感じます。水をタイヤが吸い上げ路面に吸着している所が手にとって分かります。

私の住んでいる所は、基本的に圧雪が少ないので、ドライ路面での走行の時の音の静かさ、コーナーでのハンドリングの良さも気に入っています。

今後、車はどんどん進化しそれを支えるタイヤも重要度が増してきます。
冬道の怖さを知る東北人だからこそ、スタッドレスタイヤにこだわっていきたいと考えております。