通常の洗車では汚れの落ちない部分ってありますよね。

中でも私が意識してるのはサイドバイザーの汚れです。

自動洗車機を使ってもサイドバイザーの内側は掃除出来ません。

普通に手洗い洗車をしても、洗車用カーシャンプーではサイドバイザーの汚れは落ちないんですよね。

それに簡単な汚れならともかく、サイドバイザーについたクモリをとるのはほぼ不可能。

しかもサイドバイザーが曇ってると、その部分は視界を妨げる障害物となってしまうので運転時の危険性も跳ね上がります。

助手席側はともかく、運転側のサイドバイザーを曇らせたまま放置しておくのはとっても危険です。

そこで私がサイドバイザーの汚れ除去に使ってるのが、ピッチレスコートです。

サイドバイザーの裏側もキレイにしたいわけですから、少し小さめのスポンジにピッチレスコートを少量つけます。

そしてスポンジでサイドバイザーの裏表をまんべんなく磨いていきます。

力を入れなくともスポンジで軽くこするだけで汚れは落ちていきます。

キレイにあったらクロス等で乾拭きをして終わりです。

ただしウィンドウを上げたままにしておくとサイドバイザーの裏側はすごく狭くなるので、ウィンドウを下げておくと掃除はかなりしやすくなります。

ですのでサイドバイザー付の車に乗ってらっしゃる方には、ピッチレスコートを購入しておくことをお勧めします。