背中にクッションを当てても腰が楽になります

PR|ヘルニア手術で評判のクリニック|

千葉の施工店でスモークフィルムを貼ってもらいました。腰痛がひどくて、車のメンテナンスはもっぱらそこにお願いしています。

腰に痛みを感じながらクルマを運転するのは大変です。これはそうなってみるとよく分かりますが、腰痛持ちではない人にとっては理解できないでしょう。

「座って運転しているし、クルマのシートはよくできているのに何が疲れるんだ」なんて思う人がいます。それは無理もないこと。わたしも腰痛がなかった頃は「クルマの運転をするだけなのに、ただ座ってアクセルとブレーキを踏んでいるだけなのにどうして腰に痛みが出るんだろう?」なんて思っていました。

ですが、実際に腰痛持ちになってみて腰痛の人の気持ちがイヤというほど分かったのです。クルマのシートに座っているだけでも運転者じゃなくても10分間座っているだけで腰が痛くなります。

仕事柄、デスクワークを長時間こなさなければならないのですが、ついつい休憩を取る(姿勢を変える)のを怠りがちです。そうすると、いざ立ち上がった時に、痛くて、重くて、怠くて、冷たくて・・とまあ、えも言えないような不快な感覚が腰に広がるんですよね。

しかも、私の場合、腰に広がった上記の不快な感覚が、体の内部にも広がって、腹痛、胃痛、頭痛、眼精疲労、など様々な症状を誘発するんです。うーん、若い頃なら、1日経てば、疲労はすっかりリセットできていたのに・・、最近では疲労はズルズルと蓄積されているような状況です。

というわけで、さすがにこのままではいけないと感じ、今では1時間ごとにキッチリと休憩を取るようになりました。そうすることで、腰痛をかなり軽減できておりますし、仕事の能率も随分と高まっています(そもそも人間の体というのは、同じ姿勢で居続けるようには造られていないのです)。

というわけで、(仕事などで)同じ姿勢で長時間居続ける環境にある方は、適度な休憩を取ることを強く提案します。いやむしろ(適度な休憩は)必須だと思われ、そうしないと、腰痛はもとより、体の疲労、精神的なストレスは蓄積されるばかりです。

また、痛い痛いとばかり言っていられないので、クッションをうまく使って腰の負担を減らしています。痛むのは腰ですが、背中にクッションを当てて胸を開くようにしてみることがあります。関係ない部分に効いていそうですが意外と腰痛が軽くなります。

PR|GetMoney|内職 アルバイト||心の童話|生命保険の口コミ.COM|お家の見直ししま専科|生命保険の選び方|住宅リフォーム総合情報|女性の人生|初値予想|家計見直しクラブ|英語上達の秘訣|女性向けエステ.com|英語上達の秘訣|JALカード|お小遣いNET|