ペダルの踏み間違いによる事故を防ぐためのアクセル、ブレーキ一体型ペダルの登場

最近テレビなどでよく耳にするのが高齢者により自動車事故の増加です。原因の過半数はアクセルとブレーキの踏み間違いによるものです。ペダルの踏み間違いは単に高齢者だけでなく、若者にも起こっていることです。

 

そのペダルの踏み間違いによる事故を防止するために開発されたのが、アクセルとブレーキが一体型になったペダルです。どういうものかと説明すると、ペダルは常に踏むとブレーキがかかるようになっています。スピードを出すためには、そのペダルを右横に押すように踏み込みます。

 

するとスピードが出る仕組みになっています。別のペダルを踏むのでなく、同じペダルを別方向に押すので、これまでのようにペダルを踏み間違えるという動作がなくなり、事故の軽減につながると考えらえれいます。実際にそのペダルを導入された方はとても満足し、安心して運転ができると評判です。

 

価格は決して安いものではありませんが、それで命を守ることができるのなら悪い買い物ではありません。次回は命を守る別の大切な手段ヘッドライトのコーティングをしてくれる千葉のお店をご紹介。