普段から注意が必要なぎっくり腰

ぎっくり腰は、どんな人でも突然に襲いかかってくることを知っておくことが必要です。
普段からヘルニアや腰や首に痛みを感じている人や悩んでいる人以外でも、ひょんなことから、ぎっくり腰になってしまうからです。
思い荷物を持ち上げた時に、なってしまう印象があるのですが、決してそうでもないのです。

 

朝起きて、歯を磨いている時にくしゃみをした弾みで、ギクっと腰がおかしくなった感覚に襲われて、そのまま動けなくなった人も少なくありません。意外な場面でなってしまうものです。

 

傍目から見ていると、ぎっくり腰になった人の姿はとても格好悪く見えるのですが、あの痛みと苦しさは経験した人でないと分からないのです。本当に何もできずに、苦しむのです。下手をすると、トイレも行けないこともあります。

 

もう、ひたすらに安静にして、身体を動かさないようにするしかありません。
少し落ち着いたなら、整骨院で地道にマッサージや温熱療法に専念するとともに、普段の生活の中でも、腰に負担をかけない生活を心がけるしかありません。